家族葬のお声がけはどこまで?

家族葬を選択された方々が迷うポイントに、果たしてどこまでの人達にお声がけすべきなのか、その判断基準があげられます。家族葬と称される以上、家族だけで故人を送りたいと考える一方、親族でも極端に疎遠な場合、それでも声をかけるべきなのかなど、判断に困る場面は少なくありません、

家族葬とはあくまで葬儀のスタイルの総称のひとつであり、誰と誰は必ず参列すべき、家族以外の親しい人を呼んではならないなど、一律の決まりは存在しません。あくまでも喪主と家族の判断で、最終的にお声がけする相手を選択して問題ありません。たとえば最期の別れはあくまで家族だけで行いたいと考えているのあれば、親戚などへの声がけをしなかったとしても、それは間違った判断ではありません。対して他人であっても家族ぐるみの深い親交があった、故人を一緒に偲んで欲しいと思う相手であれば、声がけしても失礼にはあたりません。

また家族葬に呼ぶべきかどうか、家族間でも最後まで判断に迷う人に関しては、声がけしたほうが良いでしょう。その際にはその人物に、生前故人が会いたがっていたか、最期を見送って欲しいと考えるだろうか、この部分を判断基準にするとよいでしょう。家族葬にまつわる式後のトラブルに、呼んでもらえなかったことに対する不満が生まれ、人間関係がこじれてしまう展開が見られます。案内しない理由を相手に明確に伝えられない、後日の自宅への弔問への対応が難しい場合には、声がけしておく方が賢明です。

また近い立場の存在ながら、諸事情で家族葬への参列をご遠慮いただきたい人物に関しては、案内は控えておきましょう。事後報告として家族だけで故人を見送った旨を伝える、さらに必要と感じられれば、故人の希望に基づく家族葬だった旨を、逝去の事実と一緒に文章で伝えれば、口頭での伝達からのクレームへと発展するリスクを回避できます。こうした繊細な人間関係が絡む判断に関しては、葬儀業者の担当者に相談しても、的確なアドバイスが期待できない部分です。家族間で十分に話し合い、統一した見解に基づく確実な対応が望まれます。