家族葬参列時の服装とマナー

家族葬は気心の知れた家族だけのお葬式だからと、服装などもラフで構わないということはありません。男性であれば黒の上下に白のシャツに黒いネクタイ、無地の黒の靴下に地味な黒の靴。華美なカフスやネクタイピンも装着しません。女性の場合も洋服であれば黒の上下でスカートはやや丈が長いもの、装飾品は控え、髪を束ねる際もカラフルにならぬよう、靴も黒の地味なパンプスが基本です。男子学生であれば詰襟の学生服、小中学生や園児で弔事向けの服装の調達が間に合わぬ場合も、地味な私服もしくは色合いやデザイン次第で、学校や園の制服も選択肢に入ります。このあたりは一般葬儀に準じると踏まえておいて良いでしょう。喪主の意向によっては服装にこだわらないで良いと考える人もいますので、気になった場合は確認しておくようにしましょう

次に参列する側としてのマナーですが、家族葬は家族と故人の意向で、限られた人達だけで故人の最期を見送るスタイルのお葬式です。仮に逝去を知ったとしても、お葬式への案内が自身に届いていない場合には、参列を控えるのが礼儀です。また家族葬がとり行われる旨の案内が届いた場合にも、文中に「身内だけ」「個人の意思で参列を控えてもらいたい」旨の記載があれば、参列を控えるのがマナーです。案内状の記載内容を確かめ、正しく判断しましょう。

こうした家族葬の案内を誰に送り、誰には送らずに伏せておくのかの最終判断を下すのは、あくまで家族です。送らないと判断した相手の中には、故人との最後の別れに立ち会いたかったと考える方の存在が想定され、その気持ちへの配慮が求められます。また家族葬の案内を受け取る立場であれば、故人と家族の気持ちを最優先の上、参列するか否かを自分で判断せねばなりません。

家族葬は故人の家族と参列する側、双方が互いを思いやる気持ちがより強く求められる葬儀スタイルです。とりわけ参列する側は、単純に自分が参列したい、情報を知った以上は無条件で参列する権利があるなど、自己中心的な判断に及んではならず、マナー違反と考える人もいます。勝手な判断をして遺族に迷惑とならないよう、家族葬に関しては、一般葬儀よりもより慎重な状況判断が望まれます。